スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー電王 34話

  • 2007/09/23(日) 18:08:50

「時の流れからこぼれた人がデンライナーに乗って旅をする」
というのは、今回初めて明かされたが素晴らしい神設定だ。
(ということは以前、食堂車でたまに見かけた一般人も・・・)
電王のテーマである「電車・時間・記憶」というの3つのパズルピースが、見事にピタリと合った瞬間だった。
ここまでタイムトラベルの明るさが前面に出されていた電王だが、今回の暗さや哀愁を漂わせる余韻の残るエンディングは、今後の展開に向けての期待を高めてくれた。
しかし、コハナ(松元環季)の謎の解明も同時進行で進めてくれないと、いかにもハナ(白鳥百合子)の代役っぽくてやだな。


仮面ライダー電王 VOL.2●発売日以降のお届け

スポンサーサイト

仮面ライダー電王 33話

  • 2007/09/16(日) 17:27:10

冒頭、逃げるコハナ(松元環季)と良太郎(佐藤健)に、白鳥ハナの過去シーンをカットバック。
こんなところで白鳥ファンの急所を突いてくれるとは。
泣けるで~!
東映公式には劇場版メイキングで、佐藤健のブログにはスナップで、それぞれ白鳥さんが登場。
この盤石な感じは、白鳥百合子の復帰を待つ"エール"を通り越して"確信"めいたものが見え隠れする・・・。

エピソードとしてはいつもの前編といった感じ。
やはり怪我の巧妙と言うべきか、コハナと新しく出現した線路の謎を絡めた展開は、ストーリーのスペシャル感を高める意味で効果的だったと思う。
ちょっと詰め込み過ぎの感はあるが、それが電王クオリティ。
いまだに初期設定のみずみずしさを失わない脚本は見事。
来週もみんなで見よう!


DVD 白鳥百合子/dazzle (9/19 発売予定)

「大日本人」のDVD発売決定!

  • 2007/09/16(日) 00:11:35

日本特撮ファンタジー映画史上に燦然と輝く金字塔、
松本人志第一回監督作品「大日本人」のDVDがついに発売決定!

発売日:2007年11月28日(水)
初回限定盤 3枚組(本編ディスク1枚+特典ディスク2枚)
5,800円(税込) 5,524円(税抜)
YRBN-90013~15
映像特典 :大日本人メイキング/未公開映像集/予告編/SPOT集

(本編データ)
カラー/114分/16:9•ヴィスタ(1:1.85)/片面2層
音声 (1)日本語ドルビーデジタル5.1ch (2)日本語ドルビーデジタル2ch
(2007年 日本映画)
発売元 アール•アンド•シー プラス

通常盤
3,990円(税込) 3,800円(税抜)
YRBN-90016
--
【映画「大日本人」公式サイト】
http://www.dainipponjin.com/

写真だけ・・・て文章あるのと一緒じゃん。

  • 2007/09/15(土) 10:24:21

引き続き白鳥百合子さんのブログの話題だが。
確かに、確かに。
本文での文章はなくなった。
しかし、タイトルと写真のaltが・・・。

"いつの日かまた"
"人生のメモリー"


ショボーンか!!
しかし案ずるな、これはいつのも
"そのまま"節
だ。
落ち着いてブログを俯瞰した。
前日の深夜のかぼちゃアップの翌日は、
「電王劇場版の公開終了」との
業界情報をひっさげて
午後8時台の早めのアップ。
しかも佐藤健のブログでも撮影が早めに終了とのこと。
えーと。
ブログ削除の一件は、
やはり、こちらの路線に接続されていたわけか?

まだだ。まだ分からんよ。

"そのまま"ダイアイリーが"そのまま"でなくなった。

  • 2007/09/14(金) 19:27:09

白鳥さんのブログから休養と電王を関連付ける文章がすべて削除された。
これは東映、事務所が世間に休養の事実を知られないための箝口令、ではなく、「休養は電王に影響なし」という東映、事務所(特に東映)側の自負の現れだと思われる。

○ゼロノス・カード・ゼロ編(侑人とお姉ちゃんのエピソード)
○コハナ編

なるほど、上記のようにハナを必要としないエピソードが続くことを考えると、休養による休演はなく、その時期は出演場面がなかったと言う解釈も成り立つ。
実際にはハナの不在をカバーして乗り切ったのはミエミエだが、ドラマは生モノ。
スタッフにとっては完成作品が全てである。

つまり東映の言いたいことはこうだ。
「白鳥さんが出演しなかったのは単なる脚本上、演出上の理由である。
その間、白鳥さんは映画の宣伝を欠席することはあったかも知れないが、他のレギュラー出演者だって極端に出番の減るエピソードはある。
『仮面ライダー電王』の時の運行は、ちゃんと守られている!」
と。
だから、いち女優である白鳥百合子に「出れなくて残念」とか「申し訳ない」とか謝罪されるのは筋違いなのだ。
・・・そして・・・願わくば、その言葉の後にはこう続いて欲しいものだ。
「その証拠に、出番が来て、白鳥さんは撮影に参加しています」

ハナはやはり、消された時間からやって来る特異点なのだ。

いただいたお時間

  • 2007/09/12(水) 20:34:27

いただいたお時間?
いただいた?
お時間?
これはまた電王チックな表現。

1、休養期間としていただいたお時間(復帰未定)

2、電王撮影復帰の日までいただいたお時間(復帰決定)

3、電王撮影の合間にいただいたお時間(復帰済み)

さあどれ!
誰に聞いてるんだ。

白鳥さんの"休養"が記事になった。

  • 2007/09/11(火) 22:14:41

仮面ライダー電王…ヒロイン女優が突然休演のワケ

期待するような新事実や真相や仮説は一切なし。
白鳥百合子のブログと2ちゃんを見てれば素人でも書けるぞ。
いいな~ZAKZAKに就職すると、この程度の作文で給料もらえるんだ~。
いわゆる休養状態に入ってそろそろ2ヶ月たつのにこの程度かい。
ただ、こうして記事にされると、体調不良で休養という事実以上にスキャンダラスな印象を与えてしまうのがやっかいだが、まあ芸能人だから仕方がないね。
公式な休養の発表はない(別に必要もない)けど、電王の撮影に参加してないのは事実なんだし。

ハナ幼女フォーム

  • 2007/09/09(日) 11:54:20

kohana.jpg

ピンチをチャンスに。
次週からいよいよコハナ登場。
これがシリーズの中だるみを防ぐ、良きスパイスになれば怪我の功名。
電王がタイムトラベルもので本当に良かった。
他の設定じゃこういう融通の利く、かつ興味深い展開にはならんよ。
タイムトラベルバンザイだ!
しばらくはコハナの活躍を楽しみつつ、白鳥百合子の復帰を待つとしよう。

第31~32話は白鳥さんの不在を吹っ飛ばす見応え十分の名編となった。
桜井侑斗(中村優一)が、意外な深みのあるキャラクターに発展。
ゼロノスに変身するたびに人々の記憶から消えるという。
記憶から消えてしまうならば、せめてひと時でも友達になってくれ・・・デネブの気持ちに納得。
愛理姉さん(松本若菜)がらみのメロドラマも泣かせる。
アクションも妙に力が入り、燃える展開がてんこ盛り。
終盤に向けての電王にも期待。


白鳥百合子 2008年カレンダー
もうそんな季節なのね・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。