スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー電王 39話

  • 2007/10/28(日) 17:12:49

これまで上手くトボケてファンタジーに昇華して来たタイムパラドックスの扱いを、わざわざ下手にかき回して見る方をいたずらに混乱させてしまった感じだ。

スポンサーサイト

仮面ライダー電王 38話

  • 2007/10/21(日) 21:37:29

キングライナーでけえ。
暴走するデンライナーのバックに迫るキングライナーは映画的興奮を感じた。
玩具の紹介編としては完璧。
カイの登場でやっと様々な謎解きに本腰を入れ始めた、と思われた前編だったが、またワケのわからん展開に。(自分の意思でイマジンを過去に飛ばせたり、変なノート持ってたり、過去で消滅したと思ったら生き返ったり)
「くそお一体どうなってんだ」(by侑斗)
こっちが聞きたいよ!!
とはいえ、愛理姉さん(松本若菜)の悲恋物語に集約されそうな終盤へと、悲劇の予感を孕みつつ走る物語は興味が尽きない。
がんばれやすこにゃん。

コハナ(松元環季)はなんか慣れた。
キャラクターの配置バランス的に子供もありかなと。
あと、良太郎(佐藤健)自身の変身体であるライナーフォームはいい発明だ。
「良太郎怒る→変身→モモの人格」ではドラマの流れ的に無理が出始めたところだったので。

ところで劇中、乗換駅という意味で「ターミナル」と呼んでいるのが気になる。
本来「ターミナル」とは、もう後がない「終着駅」という意味なんだが。
ほら、処刑人を「ターミネーター」っていうでしょ?

次回、サブタイトルに「ライダー」という言葉が登場!


秋山莉奈 2008カレンダー

Quick Japan~Perfume特集~

  • 2007/10/20(土) 12:11:23


Quick Japan(74)
物事すべてを深読みしなければ気が済まないQJ入魂の一冊。

・・・しかし、読んでいて時々「理屈っぽいの疲れるな」と思ったのが正直な感想。

自称・選球眼の良さそうなつもりの連中が一生懸命に言葉を操っているが、結局みんな自分のアイドル観の切り口の独自性を自慢をしているだけで、何だか読んでいて虚しい。(掟ポルシェを除く)
まあ、「アイドルを好きなこと」を後ろめたさ抜きで理屈っぽく語るのは、誰でも一度はかかる「はしか」みたいなものだけど、ことPerfumeに関しては、
「考えるな、感じろ」。この一言に尽きる。
中田ヤスタカのいい感じに抜けたインタビューを読めば、深読みや過剰なアイドル論など、いかに空虚な空回りかがよく分かる。

森高千里を例に上げるまでもなく、アイドルがサブカル系にしたり顔で語られ始めたらヤバイ兆候。
しかし、皮肉なことに彼女たちのインタビューを読めば、そんなサブカル的な論評の外側に飄々とたたずむPerfumeが逆照射されていて痛快だ。
たのむ。そのまま何も気付かずにいてくれ。

宇多丸はBUBKAに書く文章の方が100倍面白い!

仮面ライダー電王 37話

  • 2007/10/14(日) 09:02:39

この時期、例年なら「後半グダグタ現象」に陥っているはずの平成仮面ライダーシリーズ。
しかし、この仮面ライダー電王の後半(終盤)に向けての素晴らしい超展開ぶり、ますます興味を引く面白さはなんだ。
演出の神がかり的なハイテンション。
設定要素を最大限に生かしたストーリー。
ハナ役(一時)交代のアクシデントさえプラスに転ぶ、番組そのもののドライブ感やらグルーヴ感。
無理のない玩具の導入(笑)。
電王を越えるライダーが今後作れるのか、今から心配なほどだ。
・・・てまあ、もちろんこの後の展開次第なところもあるが。
白鳥さん復活劇とか。絶対に感動させてくれよな。
でも今のところ電王傑作。

CM登場から2週。引っ張るなあ(先頭車だけに)

仮面ライダー電王 アクションライナーシリーズ11 DXキングライナー 11月中旬発売予約


エターナルプリンセス

「東京のミルクディッパー」

  • 2007/10/10(水) 18:33:50

なぞの言葉「東京のミルクディッパー」。

白鳥さんブログで記述され、各所で物議を醸している謎の言葉「東京のミルクディッパー」。
この場合、やはりロケ地としての「ミルクディッパー」(埼玉の飲食店)と、「東京のミルクディッパー」は一組のもの、つまり撮影スタジオと考えるのが自然だ。
ということは、電王スタッフがらみで何らかの集まりがあったのか。中村優一君の誕生会とか。
しかし、そうなるとブログの写真altでなく、ちゃんと電話かメールで連絡できる、というか社会人としてはそうするべきだ。
やはり、ここは直前のalt"ブログ仲間の集まり云々"を素直に受けて、その会合場所が「東京のミルクディッパー」なのだと考える。
おそらく大胆にもブログ仲間の集まりに、白鳥さんご本人をお誘いしたのではないか。
それならば、体調、あるいはスケジュール、あるいは事務所の指示で出席できないことは十分ありえるし、連絡ができないというのは、白鳥さんの個人メールアドレスの流出を避けるためだろう。
(お誘いは白鳥ブログの非公開コメントを利用したものと思われる)
だがしかし、それでも謎は残る。
そもそも「東京のミルクディッパー」とは何を指しているのか。
これは、東京のどこかに「ミルクディッパー」という名の飲食店が存在する。と考えて差し支えあるまい。
WEBの検索では全くヒットしないが、HPのない飲食店など日本中にいくらでもある。
それよりも、以上の推理を通して重要なことが見えてくる。
それは、白鳥さんが素人さんとは一線を画して、芸能人としての体面を保っている、ということだ。
つまり、白鳥さんは芸能活動を続けているということだ。
それが何を意味しているかというと・・・。
「東京のミルクディッパー」。
この一言から導き出される妄想こそ"そのままダイアリー"の醍醐味だ。

ちなみに「ミルクディッパー」とは「いて座南斗六星」のこと。
西洋では「いて座南斗六星」が、スプーン(ディッパー)のような形だというので天の川(ミルキーウェイ...ミルク)をすくうスプーン、つまり“ミルクディッパー”と呼ばれているそうだ。
デネブ、ベガ、アルタイルは夏の大三角形。
そして天の川をすくいとるミルクディッパー。
うーん深い。深いぞ電王。

「てれびくん」11月号

  • 2007/10/06(土) 12:07:12

噂のイマジン・ブートキャンプ目当てに「てれびくん」を買ったら、
ネタバレの嵐!orz
世の子供たち!君たちはこれでいいのか!?
昔からこんな感じだったっけ?

しかし、内山まもる先生がまだ現役で描いているのに驚いた。
と同時に懐かしかった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。