スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』

  • 2008/01/12(土) 23:54:12


バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スペシャル・エディション(DVD)20%OFF!

『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』
2007年 日本
配給:東宝
監督 : 馬場康夫
脚本 : 君塚良一
出演 : 阿部寛 広末涼子 薬師丸ひろ子 吹石一恵 伊藤裕子 劇団ひとり 森口博子 伊武雅刀

めっきりテレビ屋の金儲けツールとなり、涙と感動の大安売りなど陳腐化が叫ばれて久しい邦画だが、目くじらを立てずに気楽に見れば、十分鑑賞に堪えうるSF映画はどっこい製作されていた。
ただし、ここでいう"気楽に"とは、"ヒマな土曜の夜にテレビを点けたらたまたま放送していたので、ビール片手にソファで寝転んで見てやった"、くらいの気楽さである。

バブル崩壊を阻止するべく1990年にタイムスリップするという、実にバカバカしくもSF心をくすぐる素敵なプロットを、嫌みのない演出に軽快なテンポ、達者な演技陣によく練られたシナリオが支え、この作品を掘り出し物といえる上質なエンターテインメントに仕上げた。
何よりも、広末涼子の役者としてのスキルの高さを改めて思い知らされた。
あと、バブル時代の描写、あれ決して大袈裟じゃないんだよな・・・。驚き。

あえて言おう。
タイムトラベル映画に駄作なし。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。