スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナ・パンチという秩序

  • 2007/07/19(木) 16:21:15

電王の成功(とあえて言っておく)が約束された瞬間はズバリ、モモタロスにハナ・パンチが最初に炸裂した瞬間だと断言する。
おしとやかに見える美少女が、恐ろしい姿をした怪物を容赦なく殴る。
それまで電王を漠然と見ていた人の多くが、見ようによっては暴力的なあのシーンが笑いに昇華された瞬間、電王という番組の魅力を一瞬で悟ったはずだ。

ハナ・パンチの成果はそれだけではない。
ハナ・パンチはデンライナー車内に、いや、電王という物語そのものに秩序を与えた。
モモタロスを始めとする全てのイマジンを、ハナ・パンチを頂点とした力関係の下に置くことによって、これからどんな個性豊かなイマジンやキャラクターが登場しようとも、すべてが電王という一つのパッケージの中に許容されるようになった。
想像してみて欲しい。
ハナがイマジンを殴らないデンライナー車内を。それは完全な無政府状態の国家であり、行動原理の整理できないイマジンたちによって、どんな(作劇上の)無理、無秩序な展開もアリになってしまう。

仮面ライダー電王とは、ハナの手のひら、いや拳の上で踊る物語。
全てはハナ・パンチという名の秩序のもとに。


★22%OFF!電王 特製下敷き 付!
仮面ライダー電王 VOL.1(初回仕様)(DVD)


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。